home

陸郷 桜仙峡・登波離橋・二本松

日程 2017/04/24
行程 長野県/
地図座標
桜仙峡 (標高724m)https://www.mapion.co.jp/m2/36.41752768797727,137.91253805555556,16
登波離(とはり)橋https://www.mapion.co.jp/m2/36.42106660876121,137.90692446696352,17
二本松https://www.mapion.co.jp/m2/36.42097164315008,137.9100680159285,16(二本松はこの座標の少し先)

2017/04/24

登波離橋(二本松へ行く道から撮影)、左奥は有明山、左下の道が桜仙峡へ。

登波離橋の由緒について(平成12年池田町建立・仁科麓山撰文)

(要旨)
昔のこと、ここの白駒城主(鎌倉時代)の正室と側室との争いがあり、
このとき橋から谷に落ちて正室と側室二人とも絶命。
それ以後、この谷には一身二頭の蛇があらわれ、
一本の根に二本の幹をもつ松が生えるようになった(二本松)。
登波離橋はまた十針・妬張・妬割とも書き、別に戸張・鳥放・蛇橋など多くの呼び名を持つ。
現在の橋は昭和51年の新設。




赤松(二本松・お茶屋峯の松)由緒(平成20年1月 池田町教育委員会)



(二本松からの眺望)

有明山(左端)_____燕岳_________________________餓鬼岳


七倉岳___北葛岳_針ノ木岳_蓮華岳______鳴沢岳_岩小屋沢岳___爺ヶ岳____鹿島槍ヶ岳


爺ヶ岳_____鹿島槍ヶ岳_____五龍岳_______白馬鑓ヶ岳_杓子岳_白馬岳_白馬乗鞍岳


(桜仙峡)
 
常念岳〜大天井岳〜有明山〜燕岳〜餓鬼岳


_________常念岳_______大天井岳_有明山(右端)


___桜仙峡_______________________常念岳_____大天井岳_有明山(右端)


(帰途)

東側(犀川の日野橋)がら見た継子落しの土柱(中央)


home


















































<EOF>